HOME ギフト
マナー
ギフト
サービス
マイページ
ようこそ ゲスト
 ■ 出産内祝い

出産内祝い 熨斗

【 のし上 】:内祝
【 のし下 】:贈り主様の名字、または、お子様のお名前
【 命名札 】:お子様のお名前を覚えていただくためのもので、基本的にはのしの上にお付けします。

【金額の目安】

・基本的にはお祝いの半額程度が一般的です。
・いただいたお祝いの多少にかかわらず、一律にしてもかまいません。
 目上の方には3分の1など、相手によって分けてもいいでしょう。
★出産お知らせの時期・出産をすぐにお知らせするのは両家の家族などの身内にとどめましょう。
・友人や知人へのお知らせは、事前にご主人にお願いしましょう。
・出産の内祝いギフトとして贈るのは生後1ヶ月までを目安にしましょう。
・タオル、ハンカチ、石けん・洗剤、砂糖、コーヒー・紅茶、小皿揃えなど、先様が負担にならない実用品が良いでしょう。
・メッセージカードに赤ちゃんの写真を添えると先様も喜ばれます。写真メッセージカードをご活用ください。
・最近では新しいタイプの命名札と熨斗が一緒になったかわいい柄のものや、さらに熨斗、メッセージカード、命名札が
全てひとつになった当社オリジナルの『命名のしメッセージカード』も人気です。

 ■ 出産お祝い

出産御祝い 熨斗

【 のし上:御祝 または 御出産御祝 】
【 のし下:贈り主様の名字 】

【金額の目安】

しばらく経ってから出産を知ったときには、知らなかった旨を伝えるメッセージを添えて贈りましょう。 「※お食い始め」や「初節句」に合わせられるときはそれに乗じて「お食い始め祝」「初節句祝」として 贈っても良いでしょう。1年近く経っているときは初誕生日のお祝いとして贈ることもできます。 【※お食い始め】・・・・生後100〜120日目の離乳食が始まる時期をいいます。 「生涯食べ物に困らないように」という願いを込めて行うお祝いです。
・御祝の時期としては、産後10日〜1ヶ月程度で贈るのが通常です。
・産後は休養が必要なときなので、持参よりも発送の方が良いでしょう。
・直接渡したい場合には、母子ともに落ち着いた産後1ヶ月以降にしましょう。
・写真たて、ベビー服、タオルケットなどが主流ですが、紙おむつ・食器・アルバムなど、いくつあっても困らないものにしましょう。
・1〜2年経ってから使えるものを贈るのも喜ばれます。
・赤ちゃんへの贈り物だけでなく、お母さんへの贈り物も喜ばれます。(小物入れ、アクセサリー、など)

 ■ 結婚内祝い

結婚内祝い 熨斗

【 のし上:内祝 】
【 のし下:新郎新婦の姓(右に新郎・左に新婦)
または お名前 】

【金額の目安】

・基本的にはお祝いの半額程度が一般的です。
・結婚式には出席できなかったが結婚のお祝いをいただいた方、披露宴をしなかった場合に結婚後
 1ヶ月内を目安に御礼の思いを込めて贈ります。
・結婚の引出物と同等の意味がありますので品物選びのポイントもほぼ同じです。
・よく会う方には手渡しで。郵送でもかまいませんが、その場合はお礼状などを付けると良いでしょう。
 メッセージカードをご活用ください。

 ■ 引出物

引出物 熨斗

【 のし上:寿 】
【 のし下:両家の姓
または新郎新婦のお名前(右に新郎・左に新婦)】
【金額の目安】

地方によっての違いはありますが平均的には
引出物の合計金額としては5000円程度が多いようです。
また最近では、友人や親族で引出物の金額を変える場合も
増えています。
★商品選びのポイント
・地方、地域のの伝統や慣習などにも注意しましょう。
・割れ物は縁起が悪いとされてきましたが、最近ではさほど気にされません。
・ご本人達の記念よりも、相手にとって実用的なものが喜ばれます。
・広い年齢層に受け入れられるものが良いでしょう。
・いくつあっても困らないものにしましょう。
・遠くからお越しいただくお客様の持ち運びも考えましょう。

引出物の数は結納品の品数などと同じように、奇数が好んで用いられます。これは、奇数が「割り切れない」ことから、二人の仲が決して割れることの無いよう縁起をかついだものです。結婚式に出席していただいた来賓への御礼の品として、縁起をかつぎ引き菓子などを加えて、三品、五品、または七品の物品を贈る慣わしになっています。

 ■ 結婚お祝い

結婚お祝い 熨斗

【 のし上:御祝 または 御結婚御祝 】
【 のし下:贈り主様の名字 】

お祝いは、挙式の1ヶ月前〜1週間ほど前まで。
良い日(できれば吉日の午前中)を選んで新郎(新婦)の自宅に持参するのが本来のしきたりです。
・親しい間柄であれば、ご本人に希望を聞いても良いでしょう。
・生活に必要な物、できるだけ場所をとらない物、いくつあっても良い物。
・欲しくても普段ではなかなか買わない物などを選ぶと良いでしょう。
・数の縁起という意味で、品物もセットで贈る場合には偶数は避けましょう。
 但し、1ダース/1ペアなどは一個と考えますので大丈夫です。また四,九は避けたほうが無難ですね。
・高額な品物は何人か合同で贈るという方法もあります。
・割れ物は縁起が悪いとされてきましたが、グラスや陶器類なども現代では人気も高く、割れ物だからと
 言って最近では気にすることもなくなりました。
 しかし、やはり気になるときには親しい間柄の場合のみにしておきましょう。
・ハサミや包丁も「縁を切る」という意味で避けた方が無難ですが、本人から希望された場合には
 「新しい人生を切り開く」という意味のメッセージを添えると良いでしょう。
★商品例
 こちらもまずは実用品。食器、鍋、家電品、ペア衣類。時計。新居に飾れるようなインテリア雑貨など。

 ■ 新築祝い

新築祝い 熨斗

【 のし上:御祝 / 御新築 御祝 /御新築祝 / 祝御完成 】
【 のし下:贈り主様のお名前 】

★商品選びのポイント・新築祝には「火」に関するものはタブーです。(ライター、ストーブ、灰皿など)
 また、火をイメージさせる真っ赤なものもできるだけ避けましょう。
※火にかけるもので「やかん(焼かない)」といった語呂合わせでケトルなどを贈る場合もあります。
・贈って邪魔にならないためにも、親しい仲であればご本人の希望を聞くか、無難なものを選びましょう。 食料品などの消耗品でもかまいません。  (置物・装飾品、湿温度計、時計、スリッパ、食器など)
・相手の好みが分かれば、それにふさわしいものを探してみましょう。
★その他の場合のお祝新築とまではいかなくても、増築やマンション購入の場合は、ごく親しい間柄であれば「御祝」として贈っても良いでしょう。新築でも、前の家より規模が小さくなったときには「引越祝」として贈るのが無難です。

 ■ 引越しご挨拶 (引越し先に)

引越しご挨拶 熨斗

【 のし上:御挨拶 】
【 のし下:贈り主様のお名前 】

【金額の目安】

・商品としては500〜1,000円程度のタオルや石けんなど、簡単なもので。
・大家さんなどには2,000〜3,000円程度が目安です
・一戸建てなら、向かい三軒と両隣。
・アパートやマンションは両隣と上下階の家へ。
・社宅は、回る順番やあいさつの仕方がある場合もあるので、お隣の方などに確認しましょう。
・集合住宅の管理人や自治会の役員の方にもあいさつを忘れずに。

 ■ 引越しご挨拶  (お世話になった方に)

引越しご挨拶 熨斗

【 のし上:無地/粗品 】
【 のし下:贈り主様のお名前 】

【金額の目安】

・お付き合いの度合いにもよりますが、1,000〜3,000円程度が目安です。
引越し前に住んでいた場所でお世話になった方へのご挨拶としてはお付き合いの度合いによって
相手の好みの商品を贈ることも多くなっています。

 ■ 入学祝い・卒業祝い 

入学祝い・卒業祝い 熨斗

【 のし上 】:
御祝/御入学 御祝/祝御入学/合格御祝
【 のし下 】:贈り主様のお名前

【 のし上 】:
御祝/御卒業 御祝/祝御卒業
【 のし下 】:贈り主様のお名前

・小学校入学時は、両親の希望を聞いておくのも良いでしょう。
(文房具、目覚し時計、図鑑などが一般的。他に地球儀、防犯ブザーなど)
・中学・高校はそれぞれ好みが出てくるので、本人の希望を聞くのが無難です。
・小学校・大学ほど派手にせず、年相応のものを贈りましょう。(万年筆、腕時計、鞄など)
・大学入学の場合は、大人の仲間入りにふさわしいもの(ネクタイ・財布など)や
 下宿や一人暮らしを始めるなら電化製品なども良いでしょう。
★卒業祝より入学祝・卒業と入学は時期が近いものです。時期が重なる場合や迷ったときは、入学を優先しましょう。ただし、卒業の意味を兼ねるのであれば、入学時期から間をおかないように配慮しましょう。
★志望校の合格か確認を合否はもちろん、志望校への入学かどうかも確認を。志望校に合格できず落ち込んでいるときに無神経な贈り物をしないよう気をつけましょう。合格のお祝いは、これまでの勉学の努力をねぎらう意味で、勉強と関係のないものが無難でしょう。

 ■ 就職祝い

就職祝い 熨斗

【 のし上 】:
御祝 / 御就職 御祝 / 御就職祝 / 祝御就職
【 のし下 】:贈り主様のお名前

【金額の目安】

お返しは基本的に不要ですが、初任給が出た際に、気持ち程度のものを贈ると喜ばれるでしょう。
・社会人としての生活に必要なもので、長く使えるオーソドックスなものが良いでしょう。
(財布、名刺入れ、手帳、バック・ネクタイ・タイピン・ベルト、万年筆。女性ならアクセサリーなど)
★卒業祝より就職祝
・学校の入学・卒業同様に、卒業祝いよりは就職祝いを優先するのが一般的。
・時期を逃さないように、3月末くらいまでには贈りましょう。

 ■ 初節句御祝い

初節句御祝い 熨斗

【 のし上:御祝 または 初節句御祝 】
【 のし下: 贈り主様の名字 】

・赤ちゃんが始めて迎える節句で、男の子は5月5日、女の子は3月3日です。
生まれて間もない場合には翌年を初節句とすることもあります。
・節句の10日くらい前にお届けできるように。
・友人・知人のお子様の場合は、ごく親しい間柄の場合のみにしましょう。
・おもちゃ、お菓子、などが主流。

 ■ 初節句内祝

初節句内祝 熨斗

【 のし上:内祝 / 初節句内祝 / 御礼 】
【 のし下: お子様のお名前 】

・1週間以内くらいにはお返しを。
・砂糖、かつお節、お菓子、石鹸詰合せ、タオル など。

 ■ 七五三御祝い

七五三御祝い 熨斗

【 のし上:御祝 / 七五三御祝 】
【 のし下: 贈り主様の名字 】

・お祝いは身内だけでするのが一般的 。
女の子が3歳と7歳、男の子が5歳、というのが本来のやり方でしたが、今ではあまり気にされていません。
兄弟で一緒に祝う場合も増えています。
・贈り物をするときは、男女、年齢などを考慮して選びましょう。
・衣類、学用品、おもちゃ、お菓子類など。

 ■ 七五三内祝

七五三内祝 熨斗


・半返しが多いようですが、高価な日本人形や晴れ着などをいただくこともあるので、半返しにこだわらなくてもよいでしょう。

 ■ 結婚記念日

結婚記念日 熨斗

【 のし上:御祝 / 祝結婚記念日 / ○○婚式御祝 等 】
【 のし下: 贈り主様のお名前 】
★お返しの場合
 【 のし上:内祝 / ○○婚式内祝 / ○○婚式記念 等】
【 のし下: お子様のお名前 】

・各記念日の名称にちなんだものを贈る方法もあります。
・本来は自分たちで祝う記念日ですが、銀婚式、金婚式になれば子供たちで祝ってあげるのも良いかもしれません。

 ■ 御見舞

御見舞 熨斗

【 のし上:御見舞 / 祈御全快 / 御全快祈念 / 御快気祈念】
【 のし下:贈り主様のお名前 】
※病気の御見舞の際には、のしに「あわび」が無いものを使用します。
鉢植え 「根つく=寝つく」という意味でタブー
アジサイ 色があせる
ケシ 花が散りやすい
シクラメン 「死」と「苦」が入っている
ツバキ 花がぽとりと落ちて不吉
ユリ 香りの強い花は良くない
キク等 白い花 葬儀に使われる
真紅の花 血を思わせる
・各記念日の名称にちなんだものを贈る方法もあります。
・本来は自分たちで祝う記念日ですが、銀婚式、金婚式になれば子供たちで祝ってあげるのも良いかもしれません。

 ■ 快気内祝(快気祝)

快気内祝(快気祝) 熨斗

【 のし上: 快気内祝 / 内祝 / 快気祝 】
【 のし下:贈り主様のお名前 】

「快気祝い」は、病気やケガが全快した後、お世話になった方へ全快の報告や、御見舞いをいただいた方へのお返しという意味合いでお贈りするものです。また全快までもいかず、退院後通院をしながらという場合には「快気内祝」として、どちらの場合もメッセージカードにお礼や感謝の気持ち、今の近況のような言葉をそえて・・・

・金額は半返前後が目安。ただ、「お見舞いのお返し」だけでなく、「快気のお祝い」の意味もありますので、いただいたものの額に関わらず一律にすることもあります。
・「病気を残さないように」という意味で、お菓子やコーヒー・紅茶などの食品、石鹸・洗剤など使いきれるものが良いとされています。最近は繊維製品も多くなっています。(お菓子、海苔、コーヒーセット、洗剤・石鹸、ソープセット・入浴剤、タオル等)
・快気祝いを贈る場合には、退院後10日ほどたった頃に。

 ■ 香典返し

香典返し 熨斗

【 のし上:満中陰志、志 】
【 のし下:贈り主様のご名字 / 喪家のお名前 等 】

【金額の目安】

※品物は、一般的には「半返し」と言い、頂いた弔慰金の半額程度の品物を贈ります。
ただし、一家の主人が亡くなった場合は3分の1程度のお返しでもかまいません。(三分返)
※即日返しの場合には、お香典の額がわからないうちにお返しをすることになりますので、
一律の額(一般的には2〜3千円程度)のものが良いでしょう。頂いたご香典が高額だった方には、
改めて忌明け後に別の品物を贈るのも良いでしょう。
★品物選びの参考までに
■お茶:お茶を飲んで故人を偲ぶということで用いられています。
■タオル類:仏事では仏の世界へ白装束で旅立つという意味から『さらし』が利用されていました。
それがタオル類という形で今でも引き継がれています。また、実用品としても好まれます。
■砂糖:仏の世界へ白装束で旅立つという意味とともに『消耗品』であることから先様へ不幸が及ぶのを消滅させると言われています。
■石鹸:実用品として喜ばれているとともに、不幸を洗い流すという意味も含まれています。
■陶器:昔は死んだ後土に埋葬するという習慣があり、人間は皆土に帰るという意味を含めて、陶器が利用されています。
■漆器:不幸を塗りつぶすという意味と、二度と不幸がないように願いをこめて色直しをする意味で漆器が利用されています。

★香典返しの時期と意味
※香典返しは、忌明けのご報告と、故人のめい福を祈っていただいた先様に感謝の思いを込めて、お礼状とともにお返しの品を送るものです。
仏式→七日毎に中陰法要を営み、通常は七期(七七忌)にあたる四十九日の法要をもって満中陰を迎え、
忌が明けるということから盛大に追善供養を営みます。
また忌中が3ヶ月に渡る場合は、五期(五七忌)に切り上げ三十五日をもって満中陰法要を営みます。
※最近では「即日返し」と言われ、夜や葬儀の当日に贈る場合も増えています。
神式→三十日祭か五十日祭の頃。
通常、香典返しはしないことになっていますが、最近では仏式の影響もあり、お返しをすることも増えているようです。
キリスト教→通常1ヶ月後(召天記念日)を目安に。
基本的に「忌明け」という概念はありませんが、日本では召天際に挨拶状を添えて、故人を記念する品を贈ることが多いようです。

 ■ 法要・法事

法要・法事 熨斗
法要・法事 熨斗
法要・法事 熨斗


【 のし上:志、粗供養 など 】
【 のし下:贈り主様のご名字 等 】

★年忌法要
一周忌(一回忌)/亡くなった翌年の、死亡日と同月同日に行う。
三周忌(三回忌)/2年目(亡くなった年も数えて三周とする)
それ以降/七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌。
※一般的 には三十三回忌を最終法要とします(弔上げ)。

※上記以外に宗派によって、左のようなのしを使用することもあります。
※のしの表書である「志」は、宗教を問わず使われます。
※神式・キリスト教等では「偲び草」等の表記もあります。

 ■ 生前いただいたお見舞の御礼について
生前いただいたお見舞の御礼について
入院中にお見舞いを頂き、そのまま亡くなった場合には、お見舞の御礼と香典返しを合わせて贈る場合があります。
★ 合わせてお返しをする場合とその留意点
・頂いたお香典とお見舞の御礼分、2つ分のお返しとして品物を選んで贈る。
香典返しのお礼状と共に、お見舞に対する感謝の気持ちを記したカード等を付けると良いでしょう。
・お香典と、お見舞い分、それぞれのお返しとして2つのものを贈る。
この場合には2品を重ねて贈らず、別々に配送しましょう。「不幸が重ならないよう」という意味です。のしはどちらも不祝儀用のものを使用します。

●ギフトサービス
包装紙 メッセージカード
熨斗 紙袋
全国送料無料

お届け先複数の方へ
●ギフトサポート
特集2

特集2
大口注文
お見積りいたします。
法人・企業様の記念品や引出物・内祝いなど大口注文をご検討の際はお気軽にお問合せください。 別途お見積りいたします。
TEL:086-232-1141
FAX:086-232-1159
Mail:staff@gift.or.jp

受付時間:AM10:00〜12:00 PM14:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)
●ご案内
ご利用について ポイントについて
お買物の流れ 送料について
お支払い方法について 納期について
キャンセルについて 返品・交換について
個人情報保護方針 お問い合わせ
●企業情報   ●特定商取引法に基づく表示
ロゴ

お熨斗一覧